月末

もう、今年もあと2ヶ月!

今日は、ハッピーハロウィンですね。

僕の通っていた高校は、国際交流かといって、かなり、特殊な学部でして、

韓国、中国、ロシア、アメリカの方々と、交流が盛んでして、

ハロウィンの時期は、お菓子もらいまくってました。

テレビを通しても、渋谷すごい盛り上がってましたね〜

人混みがすごく苦手なので、すごく、盛り上がってるな〜

くらいの感覚で見てました。笑

ハロウィンに向けて、有在庫でがっつり稼ごうと思ってた方は、

結果出せましたか??

僕はというと。。

僕は、ご存知の通り、有在庫はやっておりません。

なぜ、有在庫をやっていないかと言うと、「怖い」んですよ。

在庫が残るのが。。笑

images-89

さらに、ハロウィンとか、クリスマスとか

そういった季節とかイベント系だと、

売れ残ってしまった場合に、また来年まで待たなきゃ

行けないじゃないですか。

しかも、この人のコスプレとか、今年売れても来年売れるか

分かんないですよね。

→[No.3] https://www.youtube.com/watch?v=0E00Zuayv9Q

(今ものすごく、騒がれている人です)

何がいいのか僕には分かりませんが。笑

僕自身、売れ残った経験があって、今も在庫を抱えてる商品などもあるので、

少し恐怖心があります。

有在庫をやるのであれば、季節が関係なく、年中売れるもの。

小さくて送料がかからないもの。

例えば、

・メガネ

・時計

・ケーブル

とかって、季節に関係がない商品ですよね。

そういった商品は扱って行けばいいと思います。

では、逆に無在庫で選んだほうがいい商品というのは、何か?というと、

有在庫の人が扱いにくい商品です。

例えば、

・サイズがある商品

・カラーがある商品

・複数あるもの

などといった、有在庫の人が、なかなか在庫として

扱いにくい商品などを扱っていくのがベストです。

アパレル商品であったり、靴など在庫を抱えた時に、

売れ残るケースや、どのサイズが売れやすいなど分かりにくいじゃないですか。

そういった、ライバルが少ない商品などを

扱っていく考えが無在庫では大切です。

あとは、なんといっても、
「数、数、数」

無在庫は、売れなくてもリスクがないわけなので、

出しまくることです。

だって、リスクないわけですからね。

ぜひ、参考になればなと思います!