相手が商品を購入する理由

先日の内容と少し似てるかもしれません。

僕たちは、情報発信をして相手に与えている物のほとんどが情報です。

こうして、メルマガで伝えてるのも文章を書き並べている情報にしかすぎません。

つまりほとんどがデジタルコンテンツですよね。動画だったり、PDFだったり、音声だったり…。

これらに対して料金をつけて販売する際は、利益率が高くほぼ100%に近い利益率です。

動画にしろ、音声にしろ、ネット上にUPしてそれをサイトとかにまとめるだけで商品になるわけですよね。

ネット上にあるだけなのでほぼ、無形に近い

物販のように、手に取って価値を感じれるものではありません。

なので、価値を感じにくいですし、目に見えにくい部分なので他と比べにくいかもしれません。

この世の中に、メルカリで稼ぐ情報発信をしている人は山程いますし、同じような内容を教えてる人なんて腐る程いますよね。

ライバルなんてたくさんいるわけです。

では、相手が商品を購入する時ってどういう時か?

これを理解していないと、商品は購入してくれません。

逆に言えば、これを知り相手に訴えるだけで、爆発的に商品が売れるようになります。

相手が商品を購入する時、、、それは、「感情を動かされた時」です。

相手が、お金を稼ぎたい!という悩みがあるとすれば…

これまでに、なぜ相手がお金を稼ぎたいと思うのか?

お金を稼いでどうなりたいのか?と、手のことを真剣に考えたことはありますか?

おそらく、今までに自分の商品を売ったことがない人は、考えたことがないと思います。

いくらいいコンテンツを作ったとしても、それを届けれないと意味がありません。

ないものと同じです。

商品が売れない人の多くの人が、コンテンツの中身を売ろうとします。

本当にこれはいいモノです!とか、日本初上陸で今がチャンスです!とか。

Facebookなどのメッセンジャーを使って、やたらとコピペの文章を送って来る人がいますよね。笑

なぜ、それに魅力を感じないかというと、心が動かされていないからです。

相手がその商品を手にした時に、どうなるのかを真剣に考えてそれを伝えてあげてください。

お金を稼ぎたい!という相手の悩みに対して、例えば、メルカリで稼ぐコンテンツを持っているのであれば…
【これを使って悩みを解決し稼げるようになってから、あなたの人生はこう変えていきましょう!】とか!!

本当に、相手にとって今何が大切で、必要なことなのかを真剣に考えて伝えてあげましょう。

好きな人に想いを手紙に書いて伝える時って、ものすごく考えますよね。

何度も何度も考えて…書いては消して…自分の想いを手紙に乗せて伝えようとするはずです。

PAK86_hartwoprezentsuruyo1039_TP_V

相手に伝える時は、自分の体の一部と思って伝えましょう。

大切な家族に伝えるように伝えましょう。

「相手の感情にいかに訴えれるか。」
そうすれば、自然と自分の商品を購入してくれます。

自分のオリジナルの文章で、想いを乗せて相手に伝えていきましょう。

書くためには、相手を理解する必要があるわけです。

明日は、なぜコンサルをする必要があるのか?について書きたいと思います。