顔をいじりました。

今でも言われます。

情報発信を僕が始めた当初と今では、少し違います。

それは今でも話のネタになります。

でも、当時の僕はすんごい真面目に考えて、やっていました。

そして、過去の自分にも感謝しています。

今思えば、ものすごく笑える話になります。

当時もものすごく笑って来る人もいました。

バカにもされましたし。

でも、関係ないですよー。

あの頃の僕は、今の自分にとって大きな財産になっています。

なぜ、そう心から思えるのか?

それは、「やっていたからです」

昨日のメルマガでも書きましたが、

情報発信の重要性をお伝えして、

理解しても、多くの人は行動しません。

素直に受け止めて、行動する人って、

本当に少ないんです。

ノウハウをお伝えしても、やらない人は、9割くらいいます。

しかも、投資をしても、やらないんです。

数万のコンテンツ、数十万のコンサルを受けても、やらないんです。

images-37

僕は、Youtubeを始めた時は、

サングラスをかけてやっていました。

面白いのを狙ってやっていたわけではありません。

目立たなきゃいけないと真剣に考えてやりました。

とりあえず、発信しなきゃ。

でも、しゃべる事がない。「うし、まずはパクろう」

発信する内容なんて、Youtube

検索すれば山程出てきます。

メルカリで検索しても山程出てきますし、

僕自身も発信しています。

マーケティングの話、コピーライティングの話、マインドの話。

調べれば沢山出てきます。

でも、ネタがないっていうんですよ。

それってただ、仕入れてないだけです。

検索していないだけ。

Youtubeでアップしたくないだけ。

顔出さなくても発信なんて出来ますし、

声だけでもいいわけです。

今は僕はサングラスも外して、

すっぴんの顔で動画で喋っています。

でも、ここまでには、

過去の自分がやってきた実績があります。

結局、今の自分って、過去の自分が

何をしてきたかだけなんです。

今の僕が知識が少しついたのも、

仕入れる作業をしているからです。

それを毎日日刊メルマガという形で発信しているだけ。

そうして、どんどん蓄積をしていってるんです。

無料でやれるんです。

Youtubeとかで動画あげるのなんて。

何でもいいんですよ。発信する事なんて最初は。

中身なんて、最初はどうでもいい。

大切だけど、一番最初なんて何でもいいと思います。

自己紹介でも何でもいいんです。

最初の一歩を踏み出せば、

あとはやるだけなんで。

最初の一歩が人間足が重いんです。

自転車も同じで、最初のペダルを漕ぐまでが大変ですよね?

漕いでしまったら後はスイスイと進んで行きます。

まずは、最初の一歩踏み込んで行きましょう!