【最新】2017年6月メルカリ出品ツール全滅で稼げなくなりました。

こんにちは!けんぞーです。

最近、全くブログを更新しておらず気づいたら

3ヶ月ぶりの更新となってしまいました。

やはり、一度手を止めてしまうと、

習慣化がなくなり、一切手が止まってしまう恐ろしさを

肌で感じております。。

という話はさておき、

2017年6月末でほぼ全てのツール

メルカリ・フリル・ラクマなどに対応していた

出品ツールがほぼ全て全滅してしまいます

この影響を受けて顔が真っ青になった方も

少なくはないのではないでしょうか。

メルカリビジネスしか収入が柱がなかった人

あるいは、ツール頼みで稼いでいた方は将来が

不安になっているかと思います。

僕自身は2016年の12月中旬に

メルカリショックと言われる大型規制から

ツール出品を辞めて、全て手動出品などへ

シフトしていたので、

ツールを使った自動出品などを

やっておらず、人を募集して、

人の手での作業にフォーカスしていたので、

あまり影響はありませんでした。

しかし、今後メルカリで稼ぎずらくなるのは、

目に見えている事だと思います。

そこで、しっかりと対策などを立てていかなければ

本当に収入がなくなってしまいます。

そこで、どうすればいいか分からない人へ向けて

お伝えしたいと思います!!

今回お伝えする1つの方法としては新規開拓です。

そもそも、メルカリがなぜ稼げるのか?というと

圧倒的な集客力があるからです。

世の中は、需要と供給で成り立っており、

欲しい!と思っている人と

売りたい!と思っている人がいるから

商売が成り立つわけですよね。

メルカリでは不用品を主に販売しますが、

自分はいらないと思っていても

他の誰かからはお金を払っても欲しい!

と思うからこそ成り立つわけです。

そこで数あるフリマアプリの中でも

ダントツでメルカリユーザーが多い事から

メルカリは稼ぎやすかったわけです。

しかし、メルカリしか稼げないのか?

というと、そういうわけではありません。

先ほどもお伝えしましたが

メルカリが稼げる理由というのは、

集客力があるからです。

では、別の販路でも同じような環境で

販売していけばよいだけです。

物販ビジネス・ビジネスそのものの基本は

「安く仕入れて高く売る」

といったものです。

従来は販売先がメルカリでしたが、

メルカリに限らず同じような

フリマアプリも存在するわけです。

例えば、ショッピーズやオタマートなどが

あげられます。

それらの新規販路を使うことで、

今まではメルカリだけでしたが、

新規の販路を使って稼いでいく思考を

持つようにしていきましょう。