ビジネスをする際に絶対にかかる費用抑えておきましょう。

こんにちは!けんぞーです^^

今回のテーマは、ビジネスをする際に、

絶対にかかってくるお金についてお伝えしたいと思います。

普段サラリーマンをしている方は、

今月はいくらもらった!という

額面しかあまり気にしないかもしれませんが、

自分で利益を出して

稼いでいくのであれば、

必ずかかる費用というのが存在してくると思います。

サラリーマンとして働いてる方でも、

自分の給料は会社側からすると

人件費というコストがかかってるわけです。

セミナーとか行かれた事がある方は、

3000円とか支払ったことが

ある方もいらっしゃると思います。

中には無料のセミナーもありますが、

基本的には、セミナーを開こうと

思ったら当然場所代がかかります。

この場所代も1時間3000円とかかかるので、

場所代だけでも、数万する時がざらにあります。

なので、セミナー料金3000円とかでも、

主催者側からしたら

全く利益が出ておらず、むしろ交通費などを

含めると赤字の時もあります。

こうしたように、

物販ビジネスでも必ずかかる費用があり、

大きくかかるのが、人件費と送料です。

細かいことを言えば、

梱包材料とかかりますが、

人件費や送料が一番かかってきます。

梱包材料も、ハサミ・テープ・袋

プチプチ・プリンターなど

用意するものがたくさんありますからね。

それらを踏まえてしっかりと

ビジネスをしていかなければ、利益を出すことは難しいです。

僕自身も経験があるのですが、一番最初にメルカリで不用品の

アパレルの服を売ったのですが、送料の事を全く考えておらず、

売れたのにむしろ赤字・・。なんて事がありました。笑

それもいい経験ですが、

僕らが行っているような

薄利多売のビジネスでは、

送料が100円変わってくるだけで

月に1000個も売っていれば

それだけで10万も変わってくるわけです。

相当でかいですよね。

無在庫の場合は、相手に直送する際には、

梱包とかも仕入れ先が勝手にやってくれるので

単純に利益だけが残りますが、

有在庫の場合は、商品の価格差から出る

利益意外に、かかってくる費用を

頭に入れながらしっかりとビジネスしていきましょう。