有料で仕入れた情報の使い方

僕たちが、ネット上で大きく

稼いでいく上で、デジタルコンテンツ販売は

欠かせないものになって来ます。

理由として、利益率が圧倒的にいいからです。

PDFで教材を作って販売すれば、

売り上げ=利益になるわけなので、

原価0円で売れたら利益になるわけなんですが、

情報発信をする際に、無料と有料の区別を考えて、

なかなか発信するまでに足踏みをしてしまう人がいます。

せっかく、自分が30万円とか払って、

スクールやコンサルで学んだ情報を

無料で公開なんて、気がひける。。。

って方もいるかと思いますが、

有料か無料か?と考えてる暇があるなら、

最初から全て無料で出して行きましょう。

情報を発信する上で、大切なのは、

相手がどう価値を感じてもらえるかです。

例えば、自分が30万円で買った商品の

ノウハウを無料で公開しても、

受け取る側が価値を感じなければ、

有料だろうが、無料だろうが、関係ありません。

いくら、中身のいい最高品質のコンテンツを

作ったとしても、相手に届けるまでに、

自分の価値を感じてもらえなければ、

商品を購入してさえくれません。

最初から、有料と無料の区別を

決める必要はないわけで、

まず一番最初に取り組むことは、

お客様に信用してもらうアプローチが大切です。

集客→教育→販売の流れで、販売は最後にあるように、

まずは、ブランディングを極める。

見ている人が、価値を感じてくれるような

コンテンツをこれでもか!って提供しまくりましょう。

大前提として信頼がなければ、商品は売れないので。