物販ビジネスに関する収益のタイミング

こんにちは!けんぞーです^^

今日はビジネスパートナーの

はるきくんと、事務所にひたすら

篭って、お金の計算をしています。笑

何の計算かというと、

有在庫販売をする際に、

どれくらいで利益が出始めるのか?という問題です。

無在庫販売では、

単純に商品が売れたら

利益が確定するので、

高く売って安く仕入れるだけですよね。

仕入先から直接お客様の方へ

発送すれば、ネット上だけで

完結することが出来ますし、

単純に1000円の物を

2000円で売れば1000円利益が

手元に残るというのが分かります。

これは誰でも分かると思いますが、

有在庫の場合は先にお金を使います。

なので赤字からスタートするわけです。

つまり無在庫と有在庫では

最初のスタート地点が全く違うということです。

有在庫販売した時に本当の

利益が出るタイミングというのは、

仕入れ値よりも利益が出た時です。

例えば、10万円を仕入れで使ったとして、

商品利益が10万円出たとしても、

仕入れ分があるので、利益が出ていないのと同じに

なってしまいます。

その点、本当に無在庫転売というのは、

利益だけがしっかりと手元に残りますし

リスクなく行う事が出来るので、

最強のノウハウです。

で、これをコミュニティー生に

僕が提供しようとしているのですが、

従来の僕がお伝えしている

メルカリ無在庫転売というのは、

仕入先がバラバラでなおかつ発送もバラバラ。

商品の在庫も分からなければ、

仕入先の対応も悪くて、

トラブルが日常茶飯事に起きてしまいます。

さらに、ショップ側も当然利益を

上乗せしていてそこからさらに

自分たちが利益を乗せて他の販路へ

販売していくので、結果が出にくいです。

そこを僕が仕入先となり、

在庫管理、商品の梱包、発送などを代行し

かつ無在庫転売なんですが

有在庫販売をしているのと同じ感覚で

転売ビジネスをすることが出来ます。

これだけでも凄いシステムなのですが、

さらにユーザーが商品を売れやすくするためには、

仕入れ値が低いというのが条件となってきます。

例えば、同じ商品で仕入れ値が1000円のもので

利益を1000円取ろうと思えば2000円の販売価格に

なりますが、

仕入れ値500円で利益1000円取る場合は、

1500円の売値でも利益1000円取ることが出来ます。

どちらの方が、売れやすいかというと、

当然売値が低い方ですが、

必ずしも販売価格が安い方しか

売れるわけではなく、

高くても十分にメルカリなどは

売れていきます。

大きく分けて違うのが、

商品の回転率で、

いつ仕入れ金額を回収して

利益が出るタイミングがいつなのかを

把握していなければ、

有在庫販売で資金をうまく回して行けないので、

有在庫販売をしていく方は、仕入れる前からしっかりと

入念にキャッシュフローのイメージをしていきましょう。